人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

早実、斉藤投手連投の陰に酸素カプセル

甲子園7試合を1人で投げぬきながら、悲願の初優勝を成し遂げた斉藤投手は、試合後、酸素カプセルで寝ていたことが明らかになった。

これは2002年ワールドカップ直前にベッカムが骨折して、酸素カプセルを使って驚異的な回復したことから一躍有名になり、ベッカムカプセルとも呼ばれているもの。


b0017844_16565357.jpg


プロ野球では阪神の鉄人金本選手も愛用している。

高濃度酸素を吸うことで血液の循環がよくなり、筋肉疲労の回復が早まる。

国産メーカーは1社。そこの担当者によると、3年前の春の選抜で兵庫代表の社高校が使ったのが最初とか。下馬評は高くなかったがベスト8まで勝ち進んだ、という。ピッチャーとキャッチャーが使っていたが、疲れが取れる、と好評だった。

寄付金が余ったら買うということだったが、寄付金を使い果たし買うことはできなかった。

ちなみに、値段はセルシオ1台分。かなり高い。

田中投手も酸素カプセルを使っていたら、展開は変わっていたかも知れない。

優勝を目指す高校では必需品になりそうな予感だ。

ちなみに監督にも使える。二日酔いにも効果は抜群だとか。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-08-22 10:04 | スポーツネタ