人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

WBC世界一への実況

WBC日本対キューバの決勝戦。

日本はキューバを10-6で破り、第1回WBC世界チャンピオンの栄冠をつかんだ。オリンピックで3度も優勝しているキューバを下しての世界一は誇れる。

ペトコパーク球場の夜空に王監督の体が2度3度と宙に舞った。勝利者インタビューではイチローが興奮気味に「信じられない!」と声を振り絞った。

1回に4点を先制。日本のピッチャーは松坂。6点差を8回には1点差まで追いつかれたが、9回の攻撃で再び5点差に突き放し、8回から登板した大塚が9回に1点を取られるも最後のバッターを三振にしとめ逃げ切った。

MVPには3勝負けなしの松坂が選ばれた。チームを引っ張ったイチローではなかった。

b0017844_19131248.jpg


以下は備忘録のための実況。

1回表
日本の攻撃でいきなり1アウト満塁のチャンス。ここで早くもキューバの先発ピッチャー交替。2番手はオデリン。

バッターは多村。
デドボールで1点先制。笑ってしまう。どんな形でも1点。

里崎三振。

2アウト満塁。

小笠原が粘ってフォアボール。押し出しの2点目。

今江がセンター前ヒットで2者生還。これで4点目。

ここでキューバがまたピッチャーを交替してきた。

CM入りました。

ピッチャーは3番手ゴンザレス。

青木倒れて1回終了。それでも4点をもらって松坂のピッチングが冴えるか。

1回裏
キューバの先頭打者パレにいきなり1発を浴びる。これで4-1。

2回表
1番からの好打順ながら3者凡退。イチローのセンター前に抜けるライナーをショートがジャンプして好捕。

2回裏
2者連続三振の後、ライト前ヒット。キャッチャーパスボールで2アウト2塁。最後はバッターを三振にしとめる。

3回表
先頭打者松中が1,2塁間を抜いてライト前ヒット。
「バットを振ったところにボールが勝手にくる」と打撃好調の里崎は選んでフォアボール。1アウト1,2塁。

小笠原倒れ、1回にタイムリーの今江はピッチャーゴロ。

3回裏
先頭打者9番のラミネスがセンターオーバーの2塁打。迎えるバッターは初回にホームランを打ったパレ。三振。2アウト2塁でキューバ史上最強のバッター3番グリエル。息を呑む松坂との勝負。力みからか球が荒れ始めるが、最後はセンター前のフライでしとめる。

4回表
2アウトから西岡がフォアボールで出塁。バッターイチローの場面。西岡けん制球にひっかかりアウト。

4回裏
センター前に抜けるヒットをショートの川崎が好捕。素早く1塁に投げてアウト。安心したのもつかの間次のバッターに再びセンター前に弾き返されるも、次のバッターがライトフライで倒れる。

5回表
先頭打者イチローが流してレフトの深いところへ2塁打。松中がライト前ヒットで1,3塁。日本に2度目のビッグイニングが到来か。
ピッチャーは4人目のペドロソ(19歳)に交替。

多村が3塁強襲。イチローが生還して5-1。なおも無死1,2塁。
里崎が送って1アウト2,3塁。

ここで5人目のパルマにピッチャー交替。

小笠原はここまでチャンスに打てない。
きっちりレフト前にフライをあげ、3塁から足のそんなに早くない松中が生還して6-1。

貴重な2点が追加された。

5回裏
2番手ピッチャーは予想通り渡辺俊介が登板。
先頭打者は下手投げに全くタイミングがあわず三振。センター前に抜ける当たりをまたもやショート川崎がナイスキャッチ。2三振でこの回を切り抜ける。

6回表
先頭打者青木がセーフティーバント。間一髪アウト。1塁塁審は疑惑判定のデビットソン。三者凡退。

6回裏
名手川崎がショートゴロを落球。エラーで出塁。その後すぐにレフト前ヒットで1,2塁。3塁線のヒットで1点返す。6-2。
なおも2、3塁で主砲がセンター前ヒット。6-3。
ゲッツーで2点に抑える。ひやひや。
エラーから得点されるケースが多い。

7回表
イチローから。流れを変えたいがセカンドゴロ。松中は三振。一発のある多村も三振。
キューバに流れをもっていかれたくない。

7回裏
またしても川崎がエラー。
実況の船越アナが何度も「オリンピックのキューバ戦で渡辺投手が逆転の3ランで敗戦投手になった」とうるさい。
ベースカバーに入った渡辺が落球。エラーが2つも出るが0点に抑える。

8回表
里崎、小笠原、今江。三者凡退。

8回裏
先頭打者が内野安打でピッチャー交替。ロッテの藤田。
4番ボレロ。レフトフライで1アウト。この回の攻撃が勝敗を占いそうだ。
いったはしからセペダが2ラン。6-5。
1アウトで1点差。
ピッチャーは大塚にスイッチ。長い、長い8回の攻撃は続きそう。

まずは強打者のウルティアをピッチャーゴロにしとめる。
ガルロボをライトフライ。なんとか凌ぐ。

9回表
追加点が欲しい。これで最後の攻撃になるのか。
先頭打者の金城がサードの内野安打で出塁。ファーストは落球。
川崎は送りバントすれども2塁走者アウト。
西岡がプッシュバントで1アウト1,2塁。ここでイチローに打順が回る。これで今日の勝敗が決まりそうだ。

そのイチローがライト前のタイムリーで1点。7-5。
キャッチャーはホームベースを完全にブロック。2塁走者の川崎がエラーを帳消しにする走塁でホームベースに右手でタッチ。セーフ。

松中が敬遠で満塁策。

ピッチャーはマヤ。代打福留が2点タイムリーで9-5。

里崎フォアボールで1死満塁。ピッチャーはゴンザレス。
バッターは小笠原。ライトの飛球。3塁ランナーはまたしても松中。タッチアップからセーフ。10-5。

差は再び5点。

船越アナは興奮して「韓国がまたピッチャーの交替です。韓国が」といったところで間違いに気づく。

ピッチャーはマルティネスに交替。今江は簡単に打ち取られる。

8回は1点差まで追い詰められるが9回に再び突き放す追加点を奪う。

9回裏
5点差で迎えた最後の守り。夢の瞬間が一歩ずつ近づいてきた。

先頭打者がセンターに2塁打で出塁。

日本の選手がダグアウトからかなり前に出ているので主審から注意される。

1アウト3塁。パレ。内野安打で1点返す。10-6。

キューバには4点差でも気が抜けない。最後まで分からない。

三振で2アウト。

最後は三振。

やった!

世界一だ。

初回の王者は日本。WBCの歴史に日本の名前が刻まれた。歴史の目撃者となった。

思い返せば、奇跡の世界チャンピオンだ。2次リーグで敗退しているところだった。

敗戦色のチームジャパンを引っ張ったのはイチローとロッテの選手だろう。ロッテの選手なんか名前も顔も知らなかったが、日本のプロ野球はロッテが面白くしてくれそうだ。

イチローがインタビューで声を震わせた。

「信じられない!」

「具体的にこんなところにこれるイメージは正直なかった。最高のチーム」

9回のタイムリーのことを聞かれると

「そんなことどうでもいい」というかのようにインタビューをさえぎった。

そして、こう続けた。

「たくさんの人に野球がこんなに素晴らしいものであることを観てもらえてうれしい」とややもすると涙声に聞こえた。

それぐらいイチローは野球を始めたばかりの少年のように興奮していた。

今頃どこかの新聞社は号外でも出しているのだろうな。

世界一、王ジャパンおめでとう!


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-03-21 11:45 | スポーツネタ