人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

抗議の意味を込めてボイコットせよ


これほどアメリカ寄りのルールの中で試合が展開されるのなら、日本は次の試合をボイコットするぐらいの強い態度で臨むべきだろう。

場面は3-3の同点で迎えた8回。

1死満塁。日本は勝ち越しのチャンス。バッター岩村の当たりは浅いレフトフライ。3塁の西岡がスタートを切る。楽々ホームイン。 タッチアップが早いという米国のアピールも、近くで判定した2塁塁審によって却下。日本が待望の勝ち越し点を上げた瞬間であった。

ところが、マルティネス監督から抗議を受けたデビッドソン球審があっさりと判定を覆してしまう。

日本で審判の判定が抗議で覆ることはないが、アメリカではアメリカのためなら簡単に覆るようだ。そこまで簡単に覆るのならVTRで判定すれば、すっきりするのにそれもしない。

まるで、日米和親条約という名の不平等条約の再来を彷彿とさせる。つまり、アメリカの不利になる判定は簡単に覆してしまえ、というペリーの黒船思想である。

アメリカの最大のライバルとなるキューバとは2次リーグで当たらないように組まれた枠組み。

ゴジラ松井が出場しないのも、アメリカが勝つために障害となる要素を摘み取ることにしか思えない。

アメリカが勝つためのWBCなんか今日の試合で興ざめだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-03-13 21:30 | スポーツネタ