人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ウィニーからの天罰

著作権法違反のほう助容疑で、ファイル交換ソフト「ウィニー」の制作者でもある東大助手が逮捕されたのは04年5月のこと。かれこれ2年前の話になる。

同年3月には、「ウィニー」を仲介し感染するコンピューターウイルスで、府警下鴨署巡査の私物パソコンから捜査書類が流出して問題になっていた。それを逆恨みして逮捕したかどうかは分からないが、ここにきてウィニーの怨念が吹き荒れている。

違法性を充分承知しながらも、現場の警察官はことのほかウィニーがお好きのようだ。エロ画像か、映画、はたまた音楽をただでダウンロードしまくっているのだろう。

ここにきて、岡山、愛媛両県警の捜査員の私物のパソコンからウィニーを介して、捜査資料が漏洩していることが発覚。業を煮やした警察庁は、全国の警察本部に対し、ウィニーを総点検するよう緊急指示を行った。

恥の上塗りとはこのこと。

もはや警察官が聖人君主だなんて誰も思っていないが、本来はウィニーは取り締まり対象であって、取り締まる側の警察官が私物のパソコンとはいえ、ファイル交換ソフトを使うこと自体、恥ずべき行為。 

匿名性が高いとついつい警察官であることを忘れてしまうのだろう。

ウィニーからの天罰は警察だけに止まらない。今、ラジオからは病院の患者データがウィニーを介して漏洩していた、と伝えている。

winMXなら漏洩は大丈夫なのか?

そういう問題ではないか。

追記

出るわ、出るわ。

今度はNTTに大手生保。情報漏えいは警察問題がフューチャーされただけで、それ以前からあったし、今後も当分続くものと思われる。

まさにウィニー作者の怨念だ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-03-08 13:14