人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

聞き役

忙しくて散髪へ行く時間もなかった。で、平日、会社帰りに行きつけの散髪屋へ行った。会社を定刻に出て、着いたのは6時45分。後から閉店時間を聞いたら7時半までに入ればよかったみたいだ。

先客は1人。

すぐに番が来る。

この散髪屋へ通い始めてもう10年以上経つ。マスターと若いスタッフ2名だが、自分は必ずマスターが担当してくれる。マスターは気軽に話しかけてくるので、すっかり互いの家庭のことは分かり合っている。

閉店間際だったので、その後客もなく、最後の客だった。

ここからマスターの悩みを聞くことになる。

話はマスターの次女の話に。うちの長女と同じ高校へ通っていたので、余計親近感があったのだろう。今は2年生なのだが、去年12月に中退した、という。

理由は、パチモノのブランド品を扱う23歳の社長に惚れて、家出したことに始まる。夏休み明けから学校へ行かなくなり、男のところへ入り浸り。

で、高2だから今は17歳。歳を偽ってカラオケスナックへ勤めているようだ。そこのママの力を借りて男と別れさせることには成功したが、この先が心配だ、と。

お陰で体重が5kgも減ったとか。

普段なら、シャンプーして頭をセットしたらそれで終わりなのだが、話しが尽きないため、セットした後もはさみを取り出して、何度も何度も仕上げをやってくれる。はさみを止めたら話しが終わってしまうからだ。

マスターにすれば全然話し足らない。互いの年代も子供の同世代なので、悩みを聞いて欲しかったのだろう。

こっちは散髪が終わればすぐに帰りたいばっかりだが…

ちなみに、この散髪屋、料金はたったの1500円。

大衆理容以下の値段だが仕事は丁寧なので、土日はいつも満員。

場所は川端康成が卒業した高校の前。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-03-02 22:06 | 私的ネタ