人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ハーフパイプはプロとアマの戦いだった

ワールドカップの実績で、スノボーのハーフパイプにはメダルの期待がかかった。

国母和宏が2勝、成田童夢が1勝。女子も中島志保、今井メロ、山岡聡子が各1勝を挙げている。まさに日本スノボー界最強軍団だ。嫌が上でもメダルの期待がかかる。当然だ。

これだけ最強メンバーなのにスポーツ・イラストレーテッドは日本のハーフパイプ陣のことは完全にスルー。

実際、蓋を開けてみると、男子は4人全員が予選落ち。女子は中島の9位が最高だった。

この雑誌はアメリカのスポーツ誌。

スノボーの発祥地もアメリカ。

アメリカの強豪たちは国内の賞金付き試合しか相手にしないので、ワールドカップには出場しなかった。

つまり、真のチャンピオンがいないワールドカップで勝った、勝った、と喜んでいたわけだ。

賞金稼ぎしている、ということはプロ。対する日本人選手はアマ。その差がそのままオリンピックで出た、ということだろう。

スポーツ・イラストレーテッドはその辺を当然熟知している。

なるほど。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-02-14 13:03 | スポーツネタ