人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

遅ればせながら「男たちの大和」

「金は出すから、観て来い」

2月10日ぐらいで上映も終わりになっている映画「男たちの大和」をひょんなことから観に行くことになった。

戦争体験者=海軍入隊者にとっては特に感慨深い作品のようだ。

偶然にもこの日、ラジオで月亭八方が、この映画の話をしていて「泣けた」。阪神優勝の次に泣いたのが「男たちの大和」としゃべくっている。

『そうか、この映画は泣ける映画なんや』という刷り込みがその時点で出来上がってしまった。

冒頭のシーンは呉の大和ミュージアムから始まる。この前行ったばかりだ。現在からやがて回想して行く展開。

戦艦大和の実物大のセットが話題になっていたが、そのCG技術に眼を見張らされるばかりで、後半は大和が撃沈される戦闘シーンが延々と続く。

大和の乗組員は、勝算はないままに、死を覚悟して沖縄に向かう。負け戦を経験に次は強くなる日本にするために、自分たちは死ぬ。決して無駄死にではない、と言い聞かせながら。
そこでそれぞれの別れがある。

でも、結局、どのシーンでも涙は出ない。

海軍経験者には、些細なミスでも上官から樫の棒でケツをしこたま叩かれるシーンは、懐かしさと共に60年前に教育された海軍魂がまざまざと甦ってきたに違いない。

この日本海軍魂を伝えたかったのだろう。

泣ける映画だと思って行ったのに泣けない自分が変なのか?


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-02-11 00:48 | 芸能ネタ