人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

雪下ろしボランティアと悪徳業者

異常気象とも思える豪雪に、雪下ろし作業中の高齢者の死亡事故が相次いでいる。

1月7日付のエントリーでも雪下ろしのボランティアが活動しなければ、と書いたがやはりボランティアは行動を起していた。

そんな状況を今朝のテレビでもやっていたのだが、ボランティアには屋根の上には上がらせない、という。ナゼかというと未経験者が簡単にできる作業でもないし、ましてや足を滑らせて屋根から落ちるケガの方が恐いからだ。

屋根の雪下ろしは、下ろしただけで終わりではなく、下ろした雪を廃棄するまでが一連の雪下ろし作業で、都会からのボランティア組には下ろした雪の除去をお願いしているようだ。

しかし、雪下ろしは過酷な作業だ。

1人で駐車場の屋根の雪を下ろすだけで2時間かかっていた。総重量は3トン。スコップで8000杯分の量に相当していた。

危険なのは雪の下が凍結して滑りやすいこと。これで転落事故が起きる。

この作業なら時給2000~3000円というところだろうか。

一般的な業者に頼むと1人1万8000円×2人で3万6000円が相場のようだ。

この豪雪に老人宅を狙った雪下ろし業者が暗躍しているようだ。料金も明示しないままにセールスしているようだ。

被害届けは出ていない、というが老人だから被害届けを出していないだけなのかも。

業者の場合、作業は2~3人で行うのだろうが、雪下ろしで5万ぐらいはふんだくっているのか?弱みに付け込むなら10万ぐらいか?

悪徳リフォーム業者の奴らが豪雪特需とばかりに出稼ぎに行っているのかも。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-01-14 21:45 | 社会ネタ