人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カドミウム汚染と香港ディズニーランド

イタイイタイ病とは、カドミウムの慢性中毒により腎臓障害を生じ、次いで骨軟化症をきたして骨折をするものである。骨そのものの異常であることから外科的治療は不可能。背骨などの骨折で身体が小さくなってしまうとともに内蔵が圧迫され、わずかの身体の動きでも全身が非常に痛むので、イタイイタイの病名がついた。

日本でイタイイタイ病が発症したのは大正1年まで遡る。富山県婦中町で起こった。

第2次大戦後から富山県婦負郡婦中町の牛首用水の水田地帯を中心に発症者が増加した。原因としては神通川上流高原川の三井金属鉱業神岡鉱山の鉱毒が疑われたが、科学的には究明されず、風土病や新種の伝染病とみなされた。

地元の荻野昇医師によるカドミウム原因説が、昭和41年の厚生省見解と47年の名古屋高裁判決(第1次提訴)によって確認された。発生源は三井金属鉱業神岡鉱山とされた。

日本で40年前に社会問題化したカドミウム汚染が、今、中国の湖南省で表面している。流域住民がイタイイタイ病に似た症状を起こして死亡した例があることを明らかになった。

急成長を遂げる中国だが、公害問題では40年遅れている。

40年前の日本といえば、まだまだ発展途上。わが家にはまだカラーテレビもなかった時代。

いわば、今の中国は上海や香港、北京などの大都市部は現在で、農村部は40年前の日本が同居しているような、いびつな発展のしかたをしている。

香港ディズニーがイマイチ集客できないのは、中国がまだ総中流社会に至っていないからだろう。娯楽を皆が楽しめるほど余裕がない。

加えて、スケールの小ささからリピーターも育たない。

経営者を更迭しても中国人の生活がレベルアップしないことには状況は変らない。その前に中国にディズニーランドはいらない、と思うのだが。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-01-12 13:01 | 社会ネタ