人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

青木裕子を干せないTBSの台所事情


アナウンサー声でもなければ、一向にアナウンス技術も上らないTBSの青木裕子アナ。本番中必ず噛むのは日常茶飯事。笑ってごまかそうにも笑顔が引きつって、見ていて痛々しい。

彼女をTBSのアナウンサーとしてテレビに出すこと自体、会社としては恥かしいことなのだが、そんな彼女を起用できる度量がある番組は「サンデージャポン」ぐらいしかない。と思っていたら「はなまるマーケット」にも出ている。1度だけ見たことあるが、サンジャポとは打って変わって生き生き、伸び伸びしていたから不思議だ。

ミス慶応。学生時代は雑誌のモデルもやっていたようで、アナウンサーとしてよりも、そっちの経歴を買われて採用したとしか思えない“逸材”。

毎週とちるたびに、番組終了後セットの陰で泣いていた彼女を優しくフォローしたのがサンジャポ担当ディレクター(33)だった。

なんて絵が浮かんでくる。

で、2人が不倫していることを写真週刊誌が暴露。妻子持ちのディレクターが独身の青木アナの自宅マンションで一夜を過ごしたとセンセーショナルに報じた。

これによってサンジャポ担当を外されたのがディレクター。一方の当事者である青木アナはお咎めなし。サンジャポもはなまるも続投している。

アナウンサーとしては半人前以下ながら、男女関係だけは新人とは思えないスキャンダルデビューを飾った。おっさんどもを篭絡させるテクは天下一品のようだ。

お咎めがない、ということはそれを決定する制作局長クラスも食っている?


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-01-11 17:36 | テレビネタ