人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

降りすぎたるは及ばざるがごとし

年末年始の大寒波による豪雪は思わぬところで落とし穴になっている。

高齢化社会の過疎の村では雪下ろしの人手がないために、家が押しつぶされて老人が死亡する事故が相次いでいる。除雪にまつわる事故で全国で53人の犠牲者が出ている。

昔は村でも若い働き手もあったので、隣近所が協力しながら雪下ろしを手伝っていたようだが、過疎の村ともなると平均年齢は70歳。どこにも手伝う人手がない。3連休も日本海側を中心に大雪になる見込みのようだ。行政の支援なんか待っていられない。ここは、ボランティアが動くしかない。

阪神大震災をきっかけに、日本にもボランティア活動が萌芽。新潟地震でも活躍したグループは今頃、雪下ろしの手伝いに動き出しているのかも知れない。

慢性的な暖冬も雪下ろし作業がいらなかったことは過疎の村にはよかったことなのだが。

一方、大雪が原因でスキー場が閉鎖する、という笑うに笑えない状況も出てきている。これまでは雪不足で開業できない、という悩みはあったが、待望のめぐみの雪が降っての閉鎖、というのだから何とも皮肉。

除雪しても降り続く雪に、リフトが動かせないとか、スキー場まで客がたどり着けないなどの理由だ。

ま、これは除雪作業が完了すれば営業再開はできるのだろうが、相手は大自然。書き入れ時の3連休営業は果たしていかに。

モノには限度というものがある、ということを今回の大雪が実証した。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-01-07 09:41 | 社会ネタ