人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

未成年識別たばこ自販機

2008年といえばあと3年だが、日本たばこ協会はその年をメドに未成年者にはタバコを販売しない自販機に切り替えるようだ。

全国に62万台が設置されている全台を対応機に切り替える。これで大儲けする会社が当然出てくるわけだ。大義名分は未成年者にタバコを販売できないようにする、というもっともらしい理由なのだが、そこに利権構造を感じてしまう。

システムは成人だけに発行するICカードがなければタバコが買えないようにするようだが、こんなことで未成年者の購入が完全に防げるわけがない。家族のカードを子供が盗んで使ったらそれまでではないか。

最初、このニュースを読んだときに、顔認証でもやって成人かどうかを見分けるのか、と思ったがそうではないようだ。

完璧にするなら、ICカードに添付された顔写真と自販機に取り付けられたカメラがカードと実際に買いに来た人の顔を照合して、それで本人確認できたときに初めてタバコを売る、なんて大掛かりなシステムにしなければ、いくらでも抜け道はある。

そこまですると膨大な費用とプライバシーの問題が出てくるのでできるわけもない。こんな中途半端なICカードシステムを導入して、ICカード対応自販機を作るメーカーを儲けさせて終わりである。

仕組んだのは新紙幣対応で莫大な自販機特需利益を出したグローリーあたりか? これにIC技術を持ったオムロンあたりが900億ともいわれる入れ替え特需を享受するのだろうか。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2005-10-27 21:25 | 社会ネタ