人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

オタク市場が景気を浮揚?

民間のシンクタンクが試算したオタクの市場規模は2900億円にのぼるという。これはデジカメの2500億、ケータイの2330億をも上回る。

オタク界で、世界最大のイベントといえばコミックマーケット。おととい東京ビックサイトで開かれたコミケには3日間で48万人が訪れ、50億円を落とした、という。

これ一般のイベントとは違って来場者は金を使うために来ている、ということだ。ただ、見るためのイベントではなく買い物が目的なわけだ。オタクの物欲、収集欲には脱帽だ。1人1万円は使っている計算になる。金を動かすということでは日本経済にも繋がる。

同人誌の展示即売会には1人で20冊、4万円を使うなんてのはざら、コミケ人気No1の1000人のコスプレーヤーたちは、オタク界のアイドルともいわれ、衣装代に5万~10万円をかける。

彼女らに群がるカメラ中年オタの姿がこれまた凄まじい。

そのほか萌えゲームやフィギュアなど関連製品などをひっくるめると2900億になるのだが、オタクの購買力がケータイ市場を上回っているのには驚かされた。

海外でも「オタク」という日本語が通じるぐらい。今回のコミケでコスプレするためにわざわざロシアから来たオタク娘もいるほど。アニメから日本語を勉強したのか日本語もしゃべれる。日本のアニメブームの勢いはとどまるところを知らない。

オタク文化、ただいま世界を席巻中。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2005-08-16 09:15 | 社会ネタ