人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

しょせんサラリーマン社長

娘婿として会社に入り長年社長業を行っていたが、何が理由かは分からないが突然解任されたのは半年前。

その後はサラリーマン社長が後釜に収まったが、会社はうまく回っていない。

改めて解任された社長にはカリスマ性があったことが、今になって分かってきた。

判断・決断能力に長けていた。

物事は鶴の一声で決まった。

スピード感があった。

サラリーマン社長になってからは、すぐに買わなければならない機械はもとより、物件でも判断が遅れて取り逃がすことも。

カリスマ社長がいなくなって歯車が回らなくなった。

決断が遅れるサラリーマン社長に社員は不満を持つようになった。

カリスマ社長がいなくなって社内に活気がなくなった。

ビジョンが描けないサラリーマン社長では将来に不安しかない。

ついに、転職を決めた店長は、面接で人事部の人が会社の将来を熱く語る姿に心を打たれた。

こういう不安な時期だからこそ、会社を引っ張るトップが夢を描き、夢を語らなければいけない。

by tetorayade | 2019-04-08 00:01 | 業界ネタ