人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

アメリカFRBの利上げ見送りでやはり消費税10%も先送り

世界経済の減速や株価低迷を受けて130日、アメリカのFRB連邦準備制度理事会は利上げを見送り、政策金利を現状の2.25%から2.5%の現状を維持することを発表した。これを歓迎する形で株価が上がった。

アメリカの政策変更を受けて経済アナリストは「これで消費税10%の先送りは決定したようなもの。われわれ経済アナリストは選挙対策ではなく市場経済の観点から物事をみるので、ほぼ間違いありません。アメリカが利上げしなかったのは、景気の底を打ったといわれていましたが、景気が悪くなるからです」と指摘する。

アメリカが利上げを見送ったということは、アメリカの経済とも連動する日本も消費税延期は確定したようなもの、ということのようだ。

それだけではない。不安材料の火種はまだくすぶり続けている。そう、米中貿易戦争だ。中国経済はそれでなくても相当ヤバいのに5Gの覇権争いでリーマンショック級の影響が日本企業を襲う。

安倍首相が消費税を上げるのは経団連からの要望でもある。法人税を下げさせる代わりに消費税を上げろと言っているから。もっとも安倍首相はリーマンショック級の経済不況が来れば延期を言明している。


by tetorayade | 2019-02-08 00:01 | 社会ネタ