人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

パリ・サントノーレ通りが中華街になった

写真はフランス・パリの中心部サントノーレ通りだ。


b0017844_11143825.jpg

建物を見ても分かる通り、中世から続く歴史的な通りでWikipediaには次のように紹介されている。

フランス発の高級ブランドだけでも、このサントノーレ通り界隈一帯には、シャネルロンシャンモラビトゴヤールエルベシャプリエクロエ等が本店等を構える。ヴァンドーム広場付近にはカルティエブレゲブシュロンショーメヴァンクリーフ&アーペルメレリオ・ディ・メレーモーブッサン、またカール・ラガーフェルドが入るセレクトショップコレットfr)があり、ルーヴル美術館から北東側レアール地区方面にはヴィクトワール広場にケンゾー、同広場から南東側フォーラム・デ・アール界隈にはクリスチャン・ルブタンアニエス・ベー等が本店等を構える。

そう、ここはおフランスでもお高級ブティックが軒を連ねる由緒ある通りなのだが、その入り口に不似合いなディスプレイが現れた。

b0017844_11145209.jpg

おフランスとは不釣り合いな中国チックな赤いディスプレイは中国の旧正月を祝うもので、ここに中国人観光客が押し寄せていることが想像できる。

中国人向けに新年おめでとうございます的なウエルカム看板である。

中華街の入り口でもあるまいし、おフランスの雰囲気が台無しである。

by tetorayade | 2019-01-29 00:01 | 海外ネタ