人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

悪徳買い取り業者

転居先ではバイク2台と自転車1台を置く場所が確保できない。

バーグマン200と400Xのどちらか1台を手放さなけらばならない。そうなると、日常の足として欠くことができないバーグマンを残し、ツーリング用の400Xを手放す選択となる。

一括査定見積もりのサイトに登録したところ、1分も立たないうちにケータイに電話が掛かってくる。それも1社や2社ではない。一括サイトなので5社からの問い合わせがあった。

こっちは、買取価格を知りたいぐらいで、まだ完全に売る気はない。

各社ともすぐに来るというので、見てもらうことにした。

すると、サイト登録から1時間半後には3社がやって来た。


b0017844_08504013.jpg

1人は穏やかそうな中年、2人は若い社員だった。

査定はすぐに終わったが、こちらが想定した値段ではなかった。

実際、現状で販売されている価格を調べると40万ぐらいだが、業者は随分買いたたく。

とても売れるような値段ではないのに、1人は、「うちで買ってもらっているバイクなので、買い取らないと恥になる」と強引に今日持ち帰ろうとする。

今日は売らないから帰ってくれといっても粘る、粘る。

今日がダメならいついつまでに返事をくれるか、と最後まで粘る。他業者より1000円上乗せしただけで、うちに買い取らせろ、と鬱陶しい限りだ。

そう、彼らの仕事は査定価格を出すことではなく、その日のうちに買い取って持ち帰ることが仕事だった。買い取らなければ、仕事をしていないのと一緒なので、強引だ。

ガツガツした若者2人が帰った後で、中年とゆっくりしゃべることができた。

値段が折り合わないのなら「個人売買と言う手もあります」とアドバイスをくれた。

例えば売値が40万円とすれば、個人売買ならそれよりも安く買え、売る方も業者よりも高く売ることができる。これが個人売買のメリットだ。車体に問題がなければ、売ってもクレームは来ないが、程度の悪い車体だと買った後で意外なところががたつきクレームが来る。

個人ではその辺の保証ができないことが、買う側からするとデメリットになる。


by tetorayade | 2019-01-24 00:01