人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

在韓米軍が5年以内に8割の確率で撤退

ある情報筋によると、トランプ大統領は5年以内に8割の確率で在韓米軍を撤退する意向を持っている、という。

アメリカも決して財政は豊かではない。極東の米軍基地は日本だけでいい、という考え方が根底にはある。

北寄りの文政権で南北が統一したら、米軍もいらない。韓国に駐留する米軍3万5000人を引け上げる。自国は自国で守れ。そのためにはアメリカから大量に武器を買え、ということのようだ。これでアメリカの国防費は下がり、軍需産業は大儲けができる。実にビジネスマンらしいトランプ的発想である。

ただし、南北が統一するのには核廃絶が絶対条件である。北朝鮮はその準備を着々と推し進めているというが、こっそり格を保有していることは想定済み。

韓国が中国にすり寄ろうとするとアメリカは韓国への技術移転は一切行わず、韓国は息の根を止められる。

日本政府が沖縄の反対にも関わらず、辺野古の埋め立てを推し進めるのは、日本がアメリカの極東基地の最前線になることを見越してのことである。

アメリカ軍が撤退して一番困るのは韓国であるように、日本も同様に困る。

財政が危機的状況の韓国に新たに武器を買って自国を守る余裕などない。いずれ、文政権はぶっ倒れ、アメリカに泣きつく親米寄りの政権が誕生する。







by tetorayade | 2019-01-04 00:01 | 海外ネタ