日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

大股開きの絵がルイビトンの最新作カバンに

写真はパリのルイビトンのショーウィンドウーである。

b0017844_14204403.jpg

新作が展示されている。これはモナ・リザを複製した絵柄を素材にしたものだが、問題はこの作品だ。

b0017844_14204534.jpg

少女?が下半身すっぽんぽんで大股開き。

局部は戯れる犬の尻尾で隠されている。

パリっ子の間でも、こんなカバンが何個売れるのか、とザワツイテいる。

で、よくよく調べてみると、これフランス人画家のジャン・オレノ・フラゴナールの作品だった。18世紀のロココ時代を飾った最後の画家だった。

[PR]
by tetorayade | 2017-10-28 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)