日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ステップがないままに300キロを走破

初めてのしまなみ海道を尾道から今治へ。

途中、大三島で降りて島を一周する。

b0017844_07131329.jpg

b0017844_07134011.jpg

b0017844_07135335.jpg


b0017844_07130172.jpg



b0017844_07175341.jpg

b0017844_07170626.jpg

この後で悲劇が起きる。

くねくねの坂道に出くわした時、思わず、写真の収めたいと思い、坂道の途中でUターンして、坂の下に戻ろうとしたときだ。

一番やってはいけない上り坂でのUターン。

バランスを崩し、こけそうになるが、坂道なので、左足の踏ん張りがきかず、立ちごけ。

その結果、可倒式のステップが根元から破損してしまう。

b0017844_07132465.jpg


ステップなしで四国から大阪まで帰らなければならない。

最寄りのホンダウイングを探し、電話を入れるが、さすがにステップの在庫なんか置いているわけがない。せいぜい、一番需要があるレバー類だ。

この時、クラッチレバーも折れたが、ステップがないのは辛い。

チェンジをシフトする時が一番困る。てこの原理いうとことの支点がないのだから、これが大変。

かすかに残っているステップの取り付け口に足を引っ掛け、シフトチェンジするしかない。

高速で帰ったので、頻繁にシフトチェンジする必要はないものの、足の置き場にも困る。センタースタンドの出っ張りに足を乗せたり、タンデム用の後ろのステップに足を乗せたりしながら、帰るも、変な姿勢が原因で、これが左手の腱鞘炎につながる。クラッチを握るたびに痛みが走る。

坂道でのUターンはご法度。

スイッチバック方式で無難に。









[PR]
by tetorayade | 2017-07-29 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)