日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ことしの紅白は押せ押せからゆったり進行へ

二転三転四転五転したSMAPの紅白出場。結局、SMAPの方からスマスマを最後にしたいということで紅白を辞退した。

NHKは出場者の枠を削り、15分間のSMAPタイムまで設けて迎え入れてくれたのに…。

辞退の理由は香取がうつ病になるぐらいの状態で、遂には首を縦に振らなかったために出場の道は開けなかった。

NHKの関係者は自身の離婚危機を踏まえてこう憤る。

「親がSMAPなら子はファン。子供が解散しないでと願っているのに、それを無視するんは何事か!」

この関係者は今から10年ほど前に、離婚の危機に直面した。当時子供は小学生低学年の長女と幼稚園児の長男の2人。

長女に事情を話と「嫌! パパとママが離婚するのなら、私、ここから飛び降りる!」と猛反対した。

子供のことを考えて、離婚は思いとどまり、子供が成人するまで離婚はしないことにした。その後この夫婦は仲良くなり、今では夜の営みもある、という。

子はかすがいといわれている典型で離婚を思いとどまった。

自身のこの経験があるために、余計ファン=子供の意見を無視して、解散に突き進むだけでなく、15分枠を設けながら出場を蹴ったことに怒りが収まらない。

「いつも紅白は押せ押せですが、ことしは15分余ったので、ゆったりした進行で紅白を見れますよ」と怪我の功名を示唆する。

ピコ太郎と会場の全員がPPAPを踊り、それが世界に配信されるので、ことしは普段紅白を見ない外国人も紅白にチャンネルを合わせるかも。


[PR]
by tetorayade | 2016-12-25 00:01 | テレビネタ | Comments(0)