日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

次核実験を行った時がXデー

政権末期のレームダック状態のオバマ政権下では無理だが、大統領が替わった時期に正恩暗殺が実行される、なんてきな臭い話が聞こえてくる。

もはや誰も正恩を止めることはできない。それは正恩の性格が誰も読めないから。正恩斬首計画を発表しても世間から非難の声は挙がらない。むしろ、やれやれ!

やり方としては、アメリカが送り込んでいる間者が内部崩壊と見せかけて実行するのが、一番最良な方法だろう。正恩が住んでいるところに爆撃ではちょっとまずい。

核弾頭が小型化され、それがイスラム国の手にでも渡ったら、それこそ大事になる。次に核実験を行った時に実行する、なんてこともささやかれている。

正恩の性格が唯一表れているの核開発のスピードだ。イラチだから早い、早い。ミサイルの撃ち方を見ても、短いサイクルでどんどん撃ってくる。

残念ながら正恩では拉致問題を解決することは不可能に近いことも見えてくる。

韓国の財閥の子弟は子供の頃から財閥として育てられているので、超わがままに育ち、選民意識が高いためにナッツリターン姫のような人間がうじゃうじゃいる。それと正恩も同じ穴の狢。金王朝の我がままドラ息子も自分に歯向かうものは叔父さんであろうが容赦しない。

独裁者の末路は歴史が教えてくれる。

[PR]
by tetorayade | 2016-09-18 00:01 | 海外ネタ | Comments(0)