人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

反日デモは政府のヤラセ?

反日デモは中国政府と小泉の代理戦争の様相を呈してきた。

これまでの首相なら、こうした問題が起こればすぐに陳謝してことが収まっていたのだが、中国政府からすると小泉だけは一筋縄ではいかない。中国がなんといおうが靖国神社参拝を止めようとしない。

実は政府の苛立ちを民衆の反日エネルギーを使って表している、との見方もある。警察も暴動行為を止めようとしないというのだから、黙認してるとしか思えない。

しかし、中国人は謝らない。

上海で起こったデモに対しても上海市政府は「日本が侵略の歴史に間違った態度をとったことが人民の不満を招いた」と日本を批判するばかりで、日本料理店などへの破壊行為に対して陳謝しない。

これではデモを奨励しているようなものだ。

日本企業が4500社、日本人が3万4000人も生活する上海政府の態度がこれでは、日本人に対する治安は維持できるか、甚だ疑問だ。

デモに参加するのは学生などが中心で、事件を起しても職を失う心配がないから、という。
しかし、広東省の日系企業の工場で労働改善などを求め大規模なストライキがあり、日本国旗を焼いて騒いだ、というのだから、便乗しているとしか思えない。

中国の愛国教育=反日運動が10年目にして結実した。

その前に、人のモノを盗んでも謝らない国民性から再教育すべきだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2005-04-17 09:32 | 社会ネタ