日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

200万円分のタバコが消えたが…

あるホールの棚卸でタバコが200万円分消えたことが分かった。

どこをどう探しても在庫もない。

元々ホールの倉庫はそんなに広くもない。

最初のミスは段ボール箱にタバコが入っているものと思っていた節がある。入っていると思っていた段ボール箱の中は空だった。

段ボール箱には50カートン入っている。

200万円分ということは段ボール箱にして13箱分。明らかに内部犯行が疑われる。

店長と景品担当の管理不行き届きということで、降格になる。

オーナーとすれば業務上横領で警察に被害届を出したいところだが、踏みとどまった。

社内の恥を晒すことよりも、オーナーの国籍を憂慮してのことだった。

総連系のホールなので、痛くもない腹を探られるのを恐れた。

おりしも、総連議長の次男がマツタケの不正輸入で逮捕されたばかりだ。

犯人がオーナーは被害届を出さない、と読んでいたら一枚上手だ。

[PR]
by tetorayade | 2015-05-29 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)