日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

朴大統領の反日政策でサムスンのシェアが6位に転落

朴大統領の反日政策が韓国経済にボディーブローのように効いてきた。

韓国を代表するトップ企業のサムスンのスマホが、日本国内での第三四半期のシェア争いでアップル、ソニー、シャープ、富士通、京セラに次ぐ6位後退した、という。

各社のシェアは、アップルが39.4%、ソニーが18.3%、シャープが11%、富士通が9.2%、京セラが7.3%。サムスンはわずか5.5%にとどまった。

秋の新作ではラウンドガラスを搭載して、世界初を謳ったものの、シェアを引き上げることはできなかった。

サムソンが売れた時代は、ギャラクシーがどこの国のスマホか知らないで買っていた購買層も、やっとそのことに気づき、ギャラクシー離れ=韓国離れに至ったのではないか、と推察できる。

2年前からサムスンのシェアがジリジリと下降し始め、2012年は四半期で2~3位、2013年は3~4位を堅持していたが、6位まで転落したのは初めてのこと。

李明博前大統領が天皇陛下に謝罪を求める暴言を吐いたことに端を発し、東京・新大久保のコリアンタウンに閑古鳥が鳴き始めたが、日本人の韓国嫌いがスマホでも如実になってきた。

朴大統領がいつまでも従軍慰安婦問題を固守し、反日を貫いていたら自滅するのは韓国の方で、日本は痛くも痒くもない。

朴政権に日本がすり寄る必要は一切ない。



[PR]
Commented by ぱぱ at 2014-12-06 00:52 x
韓国製を使うなんかは恥ずかしい時代に成りましたね。特にケータイは恥ずかしいとおもいます。
性能云々でなくて、所持しておることが、恥ずかしいわけですから。
Commented by skmttj2 at 2014-12-13 12:16
これだけの家電メーカーを有しながら、アップルに40%ものシェアをとられていることの方が恥ずかしいと思いますがね。
当然世界ではもっと売れてないですし。日本製品も反ナントカで売れてないんですかね?
by tetorayade | 2014-12-06 00:01 | 海外ネタ | Comments(2)