日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

即買いまでは行かなかったヤマハの3輪バイク「トリシティー」

ヤマハの三輪バイク「トリシティー」の試乗が梅田の大阪中央郵便局跡地で開かれた。

ここは一発試乗して、買うかどうかの判断をしなければならない。

見た目はやっぱりカッコいい。どの角度から見ても惚れ惚れする。ただ、メーターがオール液晶デジタル。時計はもちろん、気温計までついている。
b0017844_21380049.jpg
b0017844_21382614.jpg
b0017844_21381566.jpg
b0017844_21385023.jpg
試乗は跡地を時計とは反対周りに5周するだけ。

加速も出来ず、コーナリングも低速走行では、実感できない。

販売は10日からスタートして、バイクショップでは試乗もしているということで、一旦家に帰り近所で試乗できるショップを探したら、かなり近いところあった。

あらかじめ電話を入れてPCXで行った。

すると、免許証の確認もなくすぐに試乗させてくれた。

試乗時間を聞くと、時間制限もあまりしていない様子。

改めて一般道を走って感じたのは、前輪が2輪なのでどうしてもハンドルは重い。車重もあるのに125CCのエンジンで動かすのだから、エンジン音も高い。ずっとセカンドぐらいで走っている感じだ。これじゃ、燃費も悪い。

加速もやや劣る。最高速度チャレンジはしていないが、100キロ出るかどうか、といったところ。

車両価格は35万。値引きして諸経費込みで35万。PCXを下取りに出したら25万が乗り出し価格。

3輪ながら自立はしない。止まるとスタンドをかけないと倒れる。最初からイメージを壊される。

実質燃費、最高速度が分からないことにはまだ買いではない。

今、予約しても納車は年末らしい。

それまで、評価をチェックしながら決める。

[PR]
by tetorayade | 2014-09-14 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)