日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

錦織圭選手以上に目立ったTBS石井大裕アナ

錦織圭選手は日本人初の全米オープンを制することはできなかった。準優勝に終わった。本来の調子が出ず、1セットも取ることができなかった。

錦織圭選手以上に目立ったのがTBSの石井大裕アナだ。
b0017844_17184638.jpg
大学までテニスの選手で高3の時には全日本ジュニア選抜室内選手権でノーシードで準優勝するほどの腕前。松岡修造のテニス合宿には小学生の錦織圭選手と一緒に参加。高校生の石井選手を負かすシーンも映像で残っている。

さらに、決勝を戦ったマリン・チリッチとは海外で武者修行していたころ、ルームメイトという間柄だった。

2010年TBS入社。現在はスポーツアナだが、テニス経験者でも錦織圭選手をよく知っている、ということから決戦前に単独インタビューにも成功している。

全米オープンは石井アナのアマチュア時代をフューチャーさせる結果となった。

あさチャンでは感情をあまり表に出さない井上アナより、石井アナのようにストレートな感情で、予定原稿を無視して、錦織圭選手への想いを伝えるアナの方が好感が持てる。

イジラレキャラだが、これでいて慶応高校から慶応大学の法学部を卒業している。






[PR]
by tetorayade | 2014-09-10 00:01 | テレビネタ | Comments(0)