日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

デブ、ブスの集まりと酷評される「女だらけの水泳大会」

さくっと2万台が完売した平和の「女だらけの水泳大会」。この勢いはルパン効果なのか平和の営業マン自体が驚いている。

これはアイドルグループのアイドリングとグラビアアイドル総勢24人が紅白に別れて水泳大会を行う、という内容なのだが、女性客からはすこぶる評判が悪い。

アイドリングでテレビのバラエティーに出ているのは、菊地亜美ぐらいで、その他はほとんど知られていない。一方のグラドルチームは、AV女優上がりの及川奈央ぐらいで、その他の知名度はほとんどない。

こんな人選だからぶちギレル。

「デブかかわいくない子ばかり。ビジュアル的に飽きるブスばかりで嫌。こんな不潔なものを何時間も見せられるのはたまったもんじゃない。男の人ってこういう女性が好きなの?」と常連のお水から不満をぶちまけられた店長は答えに窮した。

この女性客の不満を当の平和の営業マンにぶつけてみた。

「水泳大会の版権を使いたい、というのが今回の開発の目的だったんですが、個人的にはかわいい子はいない、というのは率直な感想です。美を追求されたら確かにアウトです。バカバカしさを楽しんでいただければ」

グラビアチームには女子プロレスラーの愛川ゆず季なるものも交じっているようだが、版権代を安く抑えながらも、賑やかな機械を作りたかったのだろうが、同性の眼力は鋭い。

「本当のウリはヒップという確変と確変の間に玉を増やすことなんですが」と営業マン。

乗っている時はこんな機械でも売れる、という見本だ。



[PR]
by tetorayade | 2014-05-30 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)