日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

業界を去った店長の本音

昨年末に業界を去った店長がいる。年齢は40代半ば。店長だけで10年以上の経験があるので、業界歴はそれよりも長い。

辞めるきっかけは部下からの相談だった。

「このままこの業界でやっていく自信がありません」

この時辞めたがっている部下を引き留めるのが店長の仕事なのに、業界で働く夢を語れない自分がそこにいた。仕事にも胸を張れなかった。

店長はなぜ、自分がこの業界で働いているかを考えてみた。結婚もして家族もいる。給料が良かったので、生活のために働いているだけだった。

部下は昨秋辞めて行った。

そこへ昨年、転職話が来た。父親の友達が建築会社をやっていて、忙しくなったので、働かないか、という話に乗った。

「パチンコにのめりこんで、家庭崩壊や借金地獄に落ちた人をたくさん見てきた。店長で葛藤している人は一杯いる。嘘、偽りなく語れる人はいない。むしろ、夢を語るのは悪党だ」

業界を去って初めて語れる本音だ。





[PR]
by tetorayade | 2014-05-11 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)