日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ことしガイアへ入社した学生は社長が覚せい剤で逮捕されたことを知らなかった

業界3位のガイアに、ことし57名の新卒が入社している。

この会社2011年の震災直後に都内でネオンを煌々と点けて身勝手な営業をしたことから、石原前都知事がパチンコバッシングするきっかけを作ったホール企業でもある。

それに追い打ちをかけたのが、同社の社長が覚せい剤で逮捕されたこと。雇われ社長だったとはいえ、前代未聞。ハチャメチャ。

業界のイメージ悪化をこの1社がやったといっても過言ではなかった。

例年200~300人の規模で新卒を採用していたが、さすがに震災の翌年は新卒者も例年の1/10ほどまで激減したが、震災から3年も経って57人まで回復している。

ガイアへ入社する学生の頭の中を探ってみたかったが、案の定だ。

就活で70~100社近くを蹴られた学生たちが最後にたどり着くのが、パチンコ業界だ。彼らにしても最初からパチンコ業界に志を持って入ってきているわけではない。

で、ことしガイアを受けたり、ガイアへ入社した学生たちのほとんどが、社長が覚せい剤で逮捕されたことすら知らない、という。

そりゃ、知ってたら入社するわけもないし、面接すら受けないはずだが、3年経つと風化している。

というより、企業研究もすることなく、たどり着いたのがガイアなんだろう、という印象を受けた。

勉強はできなくても、やる気があれば這い上がれるのが、パチンコ業界だ。

ただ、70~100社も落ちるということは、そのやる気も漲っていない学生たちなんだろうな。


[PR]
Commented by 近未来豪遊 at 2014-05-10 20:58 x
福岡県じゃ小学校の校長先生が覚せい剤のパケ所持しているのだから福岡県教育委員会よりまだマシかもしれない。
by tetorayade | 2014-05-10 00:01 | 業界ネタ | Comments(1)