日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

誤認?ネズミ取りで捕まりながら口頭注意で終わる

京北から右京区に抜ける山道を走っている時だった。

トンネルの前で大きな旗を振るながら止められた。最初は工事現場のおっさんかと思ったら警察だった。幹線道路の脇道に警察車両がズラリ。

ネズミ捕りだった。

すでに捕まった大型バイクの兄ちゃんが警察車両に乗り込み、切符を切られる手続きをしていた。

山道だし、そんなに飛ばしてもいなかったのに、止められたことが解せなかった。

警察が無線で何度もやりとりしている。

「PCXですが…」

「…」

何度も掴まえた車種を確認している。

「運転手さん、エンジンをかけてこっちまで来てください」

4台ほどの警察車両が並ぶ先頭まで移動する。

「運転手さん、ここは何キロだかわかりますか?」

「初めて走る道なので分かりません」

「ここは40キロなんですよね」

「60キロぐらいで走っていたと思います」

「じゃ、20キロオーバーですよね。ただし、今回は口頭注意にしておきます」

「?」

「何キロオーバーだったとか、今回はいいませんので、口頭注意だけにしておきます」

内心ラッキー、と小躍りしたが、これ、間違って止めたんじゃないか、という気がしだした。

そんなに飛ばしていないし、普通に流れに従っていた。

「いま、警察車両に乗っている人がいますので、その方が帰ったら、発車してください」

捕まったライダーの目を気にしての配慮だろう。

止めたのに切符を切らないのはなぜ、と捕まったライダーから突っ込まれるのを恐れてのことかもしれない。

いずれにしても、切符を切られずに済んだ。

b0017844_18054460.jpg
バイクのダッシュボードには、お守りが入っている。

このお守りのお陰で、あと1点で60日の免停になる1年間を無事故で無違反で凌いだ。

お陰で点数は戻ってきた。

そして、今回も助かった。

お守りのお陰と、信じる者は救われる。

[PR]
by tetorayade | 2014-04-28 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)