人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

パチンコ依存症対策に組合が立ち上がる

パチンコ依存症とは金がなくなれば、サラ金で借金してでもパチンコをやり続け、身を滅ぼす人のことを指すようだ。
夏の炎天下に車の中に子供を置き去りにしてパチンコに興じるあまり、熱中症で死なせてしまうのも、それに近い。

今のパチンコ業界は実はこの依存症体質予備軍によって支えられている、といっても過言ではないほど、脆弱な業界である。市場規模2~30兆円と浮かれている場合ではない、ということで、東京のパチンコ組合が依存症対策のセミナーを開いた。

ホームページを開設して自分が依存症体質かどうかセルフチェックできるようになっている。併せて対策方法も載っているようだ。

業界大手のマルハンが今期1兆円売上を達成した。
同じ時期に家電のヤマダ電機も1兆円を達成した。

時間を消費しただけの1兆円とモノを買っての1兆円。

どちらに社会的意義があるかを問うまでもないことだが、東京の組合の取り組みはその反省からであろう。

パチンコ業界が儲かればサラ金業界が儲かる。サラ金業界が儲かればパチンコ店が増える。
自己破産者を増やすだけの負の連鎖である。
by tetorayade | 2005-03-06 22:17 | 業界ネタ