人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

国鉄から民営化された時JR北海道はレール幅の統一をせずに今までやっていた

JR北海道のレール異常放置問題で、レール幅のデータを改ざんしていたことをJR北海道はしぶしぶ認めた。改ざんする前の元データはシュレッダーにかけて廃棄するように指示していた。
 
b0017844_09274484.jpg
なぜ、こんな体質になったのか?

国鉄民営分割で北海道は元々赤字路線を押し付けられたような格好で、社員の士気も最初から上がっていなかった、と思われる。

北海道は土地は広大で、線路の総延長も長い。厳しい冬は雪に覆われ、線路の劣化も激しい。

東海道新幹線のようにドル箱路線を持たない北海道は、民営化後も赤字はずっと続く。

列車の本数が少ないから必然的に車に頼る。マイカー派が増えれば、さらに利用客は減り、車を持たない年寄りとしての足が鉄道ということになる。1日の利用者が1桁という路線も少なくない北海道。

これでは赤字体質は永遠に解消されることもない。

赤字会社では社員の数も限られる。少ない人数の保守要員でやるのだから、利用客の少ない路線の補修はどうしても後回しになっていた。

長い冬は雪に閉ざされる自然環境、一向に抜け出せない赤字体質という背景とは別に、国鉄時代からJRへと変わった時、北海道内でレール幅の基準が統一されていなかったものが、そのままうやむやになって民営化に突入したことが、最大の原因だった。

レール幅の統一は、JR北海道では最優先課題ではなかった。未だにレール幅がバラバラだったことや、補修の手抜きから相次ぐ脱線事故につながった、ということだ。

JR九州やJR四国も民営化された時は赤字だったが、九州はななつ星が話題になっているように集客のための努力が伺える。

九州の温暖な気候だからそんなアイデアも浮かぶ、と北海道はいうかもしれないが、知恵を絞らないことには赤字体質の脱却は図れない。

雪が大敵なら雪を味方につけらばいい。

雪を売り物に観光ツアーを組めばいい。

赤字体質から脱却できれば社員の士気も上がるというものだ。



by tetorayade | 2013-11-19 00:01 | 社会ネタ