日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

橋幸夫がご本人登場したあまちゃんの不自然な演出

今年の夏の甲子園では応援歌としてあまちゃんのオープニングのテーマソングを採用する高校が増えている。

乗りがいい軽快なテンポは、朝から聞いても元気が湧いてくる。これほど高校野球の応援歌にマッチした曲もそうそうない。これを機に応援歌の定番曲になることは間違いがない。

本家のあまちゃんの方は、さかなくんに引き続き、橋幸夫までがご本人として登場してしまった。

そういえば、海女クラブのメンバーが浜へ出かける時に「いつでも夢」を歌いながら行っていたが、橋幸夫ご本人登場はこの伏線があった、ということのようだ。
b0017844_13241146.jpg

橋幸夫が夏ばっぱを一目見て40年以上も前のことを鮮明に思い出したのには、無理がある演出だ。

橋幸夫に会いにわざわざ東京へ出てきたことも不自然。

ご本人登場シーンがいるのかとも思える。
[PR]
Commented by 明石学 at 2013-08-15 14:43 x
「ブラウン管に映るアイドルと会えたら」「一緒に歌えたら」とか、そういうファンの夢が現実化したら・・というエピソードなので、ありえないこと、非現実的なことが起きちゃってもおかしくないんです。

夢の中で空を飛べても不思議じゃないように、橋幸夫が40年前のことを覚えていてもおかしくないのだと思います。
by tetorayade | 2013-08-14 00:01 | テレビネタ | Comments(1)