日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

異常があったから修理に出したのに、異常なしで帰ってきたがまた異常あり

音声通話専用に使っているウィルコムのWX01Kだ。この秋で1年になる。
b0017844_23224165.jpg

調子がおかしくなったのは1カ月半ほど前だ。

着信があって電話を取ろうと着信ボタンを押せども押せども反応しない。

6~7回ほど押してようやく反応する、という症状だった。

それ以外にもすべてのボタンの反応が極めて鈍くなる。

すぐにショップへもって行って修理に出す。

その間の代替機がピンクのハニービーだった。

修理から帰ってきたのは3週間後だった。

「検査した結果、何も異常はなかったので、何もしていません」と淡々と状況を説明するショップ店員。

修理に出したときもその症状は出ていたので、受け付けたショップ店員は確認している。

ところが、受け取りに行った時の店員は別の人なので、サポートセンターから帰ってきたレポートを読み上げるだけ。

腑に落ちないが、症状が出ないのならそれで由とするしかない。

修理はしていないので、修理から帰ってきて3週間という言い方はおかしいが、また同じ症状が出た。

また、修理に出しても「異常なし」で帰ってくるのかと思うと、持っていくだけ手間。

ピンクのハニービーは持ちたくない。

サポートセンターは「たまに安物のSDカードが原因でそういう症状が起こることがあります」という回答だったので、いま、SDカードを外した。

これでまた同じ症状が出たら、修理に出すしかない。

異常があるから修理に出したのに、異常がない、とはどういうことや。

次、出したら基板交換か?
[PR]
Commented by 近未来豪遊 at 2013-08-07 09:19 x
その腹立たしさは判ります。携帯会社のドライな対応は余りにも横柄です。窓口に行くと身分証明書を出せと生意気にも抜かしやがる。各キャリアはメーカーに修理依頼をするのだが普通であれば販売店の症状確認が出来ているのであれば症状は出なくとも予防交換をするのだけど。メーカーとしてもウイルコムは付合いたくないキャリアなのか
by tetorayade | 2013-08-07 00:01 | ウィルコムネタ | Comments(1)