人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

真偽論争に発展する?あびる問題

あびるの所属するホリプロが文章で今回の経緯を発表した。

それによると「小学5年生の頃、近所の商店で菓子類を万引きした経験があり、その事を番組担当者と打ち合わせ後、収録にのぞみ、その場の本人の判断で番組を盛り上げようとフィクションを交えた誇張した話しとして披露した」

つまり、番組でしゃべったことは嘘だった、と逃げに入った。

問題になった当初は「小学校3年のころ」と弁明していたのに、5年生に繰り上がった。
番組中も犯行の時期が「ちょっと前」が「だいぶ前」に変わるなど、何か嘘が隠されている。

国会の証人喚問ではないので、クイズ番組で告白したことが、嘘だったからといって問題になることではない。でも、今回のカミングアウトが嘘だったとすれば、その番組自体の存続も危うくなる。面白おかしくするためにカミングアウトが、ダウトだったとしてもトゥルー、と言いきってしまえばいいということで、番組自体の信憑性がなくなる。

批判が集中する日テレがそれでも「カミングダウト」を続行したいのなら、あびるの告白が真偽かどうかを探る特番を制作するのも一つの手だ。

日テレよホリプロと喧嘩してでもこの提案を遂行する根性はあるか!
by tetorayade | 2005-02-20 10:39 | 芸能ネタ