日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

半年がかりで納本

企画から編集まで手掛けた作品集の印刷が上がり、納品に行ってきた。

クライアントは出来栄えに大変満足してくれた。今回は非売品だが、早くも次は売り物で発行したい、と意気込んでいる。

思い起こせば、企画が持ち上がったのは8月だった。

所蔵している日本画を写真集にしたい。

最初の見積もりは、1ページに1点だったので、かなり高い金額になり、ずっとペンディング状態だった。

再び動き出したのは11月だった。

1ページに数点掲載して、ページ数をコンパクトにして再見積もりを出したら、GOサインが出た。

額に入った絵はすべてガラス張り。

号数は4号から100号まで100点余り。

カメラマンと打ち合わせしてガラスを外さずに撮影することに。

それが12月の3連休の中日だった。

100号ともなると半端な大きさではない。

1日で撮影を終えることができたが、編集作業は年が明けてから。

ページはそんなに多くはないが、文章も書かなければならない。

それ以上に大変だったのがページネーションだった。

すべて終わって入稿直前という段になって急きょ4ページを追加。

結果的には4ページ追加していい収まりになった。

2月末に印刷所へ入れたが、表紙が布張りの金箔箔押し。製本が特殊なために3週間もかかった。

また一つ、いい経験をした。
[PR]
by tetorayade | 2013-03-26 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)