日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

天満激安パラダイス

企画から関わっていた本がようやく出版された。来週から書店に並ぶ。奥付に名前も入れてもらった。
どれぐらい売れるか、後はこれだけが楽しみだ。

難産の末、本が刷り上ったことを記念して、出版社の社長と天満の安居酒屋で祝杯を上げた。2人で4軒はしごして1万ぐらいだから、天満がパラダイスであることを初めて堪能させてもらった。

普段は梅田かナンバでしか飲まないが、大阪から一駅の至近距離。天満は穴場だった。

景気付けの1軒目は立ち飲みの「酒の奥田」。
b0017844_11395512.jpg


酒屋が経営している立ち飲み屋だがあては乾きモノではなく、手作り料理の数々は一品50円から。なんといっても大瓶ビール(スーパードライ)が1本350円、と良心価格で提供するところが素晴らしい。

1000円あればお釣りがくるぐらいのリーズナブルさ。

客は長居しないので回転は抜群にいい。

何よりも驚かされたのは値段ではない。

昔から禁煙を貫いている、というのが素晴らしい。

空気がきれいな中で料理と酒をおいしく頂ける。

客層は中高年でサラリーマンは少ないが、誰一人としてタバコを吸おうとはしない。

驚くことはまだあった。
b0017844_11405613.jpg

カウンターに竹串がずらりと並んでいる。

注文した品物と一緒にカウンターの上に並べていく。

竹串は1本50円。今現在いくら食べているかが、竹串の数でわかる。白い棒はビールになっている。

だから勘定を間違えられることがない。

飲み屋の伝票にはいい加減な場合が少なくないが、これなら他人が飲んだものまで付けられる心配もない。

ここである程度仕上げて二軒目に行けば、そんなにカネがかからない。

「天満は安いだけでは客はこない。旨くなければすぐ客に見捨てられる。天満は店の出入りも激しいけど、残っている店はレベルが高い」とは天満フリークの社長の弁。

7時ごろ、大阪では珍しいもんじゃの店があったが、この時間帯で店内に客はゼロ。

大阪・天満でもんじゃとは勝負に出たようだが、やはり大阪人にもんじゃは受け入れられないようだ。

つまり、奇をてらってもダメ。

庶民の町で生き抜くのは厳しい。

Tさん、西成から天満までご足労願いましょうか。

人気ブログランキング
[PR]
Commented by れれれ at 2012-09-08 00:55 x
ここの大将は昔、ラグビーをしていまして同じチームに在籍していました。又、今はいらっしゃるか判りませんが愛想の良いおばちゃんの娘さんは自衛隊に居まして一緒に勤務もした事があります。
禁煙と閉店時間が異様に早かったので残念ながら一度も伺った事がございません(汗
by tetorayade | 2012-09-06 00:01 | 私的ネタ | Comments(1)