人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

縄文杉の神の祟りで、企画がことごとく失敗したことしの24時間テレビ

ことしの24時間テレビのテーマは「未来」。

今の日本に未来がないことを象徴しているかのように、やる企画がことごとく失敗している。

まず、連凧世界一への挑戦は、途中で糸が松にひっかかり、取ることはできたが一気に圧がかかったため、糸が切れて記録にならず。

空気をまったく読まないアニマル浜口が、失敗しても「気合いだ」「気合いだ」で周囲を白けさせていた。

3.11で母親を失った少女が、空手の型で岩手代表として、全国大会へ出場するも1回戦敗退。

右足を失った少女が屋久島登山を目指したが、悪天候に阻まれ途中で断念。

何か呪われたように失敗の連鎖が続く。

これでマラソンがゴールできなかったら、一大事になるところだったが、そこはいつものように時間ぎりぎりでゴールした。

このギリギリゴールが意味するものとは?

テレビお得意の演出か。

追記

呪われている原因が分かった。

縄文杉の神の祟りだった。

日テレは今回の登山のために、30人ほどの撮影スタッフを投入していた。しかもキャンプが禁止されている場所でキャンプしたり。

さらに、片足のない少女が杖をついて上るには、非常に過酷な狭い渡も何カ所か待ち構えていたようだ。

神は撮影隊を近づけさせないために台風を呼んで阻止した。

神の逆鱗が連凧の挑戦などを失敗させた。

これで納得。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2012-08-27 00:01 | テレビネタ