日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

縄文杉の神の祟りで、企画がことごとく失敗したことしの24時間テレビ

ことしの24時間テレビのテーマは「未来」。

今の日本に未来がないことを象徴しているかのように、やる企画がことごとく失敗している。

まず、連凧世界一への挑戦は、途中で糸が松にひっかかり、取ることはできたが一気に圧がかかったため、糸が切れて記録にならず。

空気をまったく読まないアニマル浜口が、失敗しても「気合いだ」「気合いだ」で周囲を白けさせていた。

3.11で母親を失った少女が、空手の型で岩手代表として、全国大会へ出場するも1回戦敗退。

右足を失った少女が屋久島登山を目指したが、悪天候に阻まれ途中で断念。

何か呪われたように失敗の連鎖が続く。

これでマラソンがゴールできなかったら、一大事になるところだったが、そこはいつものように時間ぎりぎりでゴールした。

このギリギリゴールが意味するものとは?

テレビお得意の演出か。

追記

呪われている原因が分かった。

縄文杉の神の祟りだった。

日テレは今回の登山のために、30人ほどの撮影スタッフを投入していた。しかもキャンプが禁止されている場所でキャンプしたり。

さらに、片足のない少女が杖をついて上るには、非常に過酷な狭い渡も何カ所か待ち構えていたようだ。

神は撮影隊を近づけさせないために台風を呼んで阻止した。

神の逆鱗が連凧の挑戦などを失敗させた。

これで納得。

人気ブログランキング
[PR]
Commented by ゴロウ マツヤマ at 2012-08-27 06:41 x
見せ物的な演出が気に入らない。
Commented by 24時間TVに疑問 at 2012-08-27 10:56 x
どちらかといえば捏造TV局の終焉!24時間TVは、その最たるものじゃないか!上っ面だけなのは見え見え。意思表示できないしょうがい者を使いすぎ。
Commented by てる at 2012-08-28 00:04 x
やらない善より、やる善。失敗したって良いじゃない
Commented by 屋久島在住者のブログから at 2012-08-28 01:56 x
義足の少女が縄文杉を目指す。

彼女の体力なら、天気が良ければ賛成です。

でも今日は台風15号のさなか。

我が家も強風圏内です、停電はしていませんが。

何故、生放送にこだわるのでしょうか。

日本テレビは自然を馬鹿にしているのか、私には理解できません。

今回、8月26日という日付が先で、生放送。

テレビのテロップで「屋久島の自然環境に細心の注意を払っています」とありましたが、

基本キャンプ禁止の屋久島の山に、

1週間約30人のスタッフが張り付き、当然キャンプ村が縄文杉裏の立ち入り禁止の場所にできました・・・

by tetorayade | 2012-08-27 00:01 | テレビネタ | Comments(4)