日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

ユニットの売り上げカットで脱税

業界には未だにろくでもない経営者がいる。

これは脱税の手口なので、国税に徹底的に炙り出してもらいたいと思う。

昔はホールコンのデータを書き換えるやり方横行していたが、今はそんなものではない。カードユニットの売り上げデータを瞬時に書き換えるやり方が、一番最新の方法のようだ。

これはカードユニットとホールコンの両方を改造する必要があるので、すべてが各ホールに合わせてのオーダーメイドとなる。

「遠隔と違って少々のことではバレない。その分遠隔よりもはるかに高度の解析技術が必要になってくるので、カバン屋クラスの仕事ではない。マースの両替機が偽札でやられたことがあった。人の目で見ればすぐに偽物と分かるが、機械の目は誤魔化すことができた。あの時の残党がこのユニットに絡んでいる」と話すのは裏事情に精通した関係者。

この時の主犯格Y氏は上場企業A社の専務という肩書きを持ちながら犯罪にも手を染めてしまった。Y氏とマースはY氏が持つ特許を巡って犬猿の仲だったので、マースの信頼を失墜させるために、偽造紙幣を使ってマースの技術の稚拙さを世間にアピールした。

「売り上げカット技術は絶対にバレない」という甘言にその気になるオーナーもいる。

業界ではSスキーム事件によって国税が大きく動いている。この国税の動きに日々眠れない思いをしているオーナーがいる。

Sスキームは租税回避か節税かの見解の相違だが、このユニットで売り上げを抑える手法は悪質な脱税である。

改造費は6000万円ほどかかったようだが、今は後悔しきり。気の小ささが伺える。

気が小さいから悩んで、誰かに聞いてもらいたいと話すからこうして漏れ伝わってくるわけだ。

エロサイトを見て架空請求に怯える小市民と同じ心理だろう。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2012-03-02 09:51 | 業界ネタ | Comments(0)