人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

サントリーの東海表現は確信犯だった

サントリーが発売する韓国焼酎「鏡月グリーン」の製品紹介ページで、日本海のことを東海(日本海)と表記していた問題がネットで話題になり、サントリーがあわてて謝罪したのは既報の通り。

b0017844_23573332.jpg


ここで、ことの真相が明らかになってきた。

この韓国焼酎を担当しているのは、関連会社のサントリー食品インターナショナル。

で、この広告にも携わっているのが、同社の関係者だった。サントリーでは古株のやり手で在日だった。

「広告宣伝上の表現というが、日本人ならこんな表現はしない」とサントリー社内からも不満の声が漏れてくる。

ということは、担当はあえて東海という表現を使った確信犯だった可能性が高い。

サントリーに入社する人の中には、サントリーのウィスキーづくり、中でも山崎に惚れ込んでサントリーを志望する人も少なくない。

サントリーの代名詞はウィスキーで、本流はウィスキーである。

ウィスキー離れが進む中、角ハイボールで、新たな客層開拓にも成功して、ようやく、ウィスキー離れに歯止めをかけているところだ。

ところが、社内で幅を利かせているのが在日勢力だという。

昨今の韓国ブームと相まって、韓国産焼酎のほか、これまで日本人にはあまり馴染みのなかったマッコリまでサントリーが扱うようになっている。

焼肉屋へ行くとマッコリを飲むことはあるが、日本人が家庭で飲む習慣はまだないようで、スーパーからは返品の山だという。

根っからのサントリーマンとすれば本流のウィスキーを売りたい。

しかし、経営的に売上げを上げるために、韓国産の焼酎まで扱うことを内心快く思っていない日本人社員もいる、という中で、今回の表記騒動だ。

「広告の一環の表現というのなら、謝罪はして欲しくなかった。あのまま通すべきだった」と在日社員が嫌いな日本人社員は複雑な心境を吐露する。

この在日やり手部長を追い落とすために、社内の誰かがこれを問題にした可能性だってありそうだ。

このサントリーの謝罪を受けて、韓国ではサントリーの不買運動が起こっているというが、嫌韓運動も日本でもようやく起こり始めているようで、この前の日曜日は、韓国の偏向報道をするフジテレビに対して6000人規模のデモ活動まで始まった。

大人しかった日本人もようやく立ち上がり始めた。

サントリーが謝罪していなかったら、このデモの勢力は間違いなくサントリーに向かうところだった。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-08-23 00:26 | 社会ネタ