人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ウィルコムのだれとでも定額で欲しい30秒前警告サービス

ウィルコムのCMの最新版は、佐々木希が桃井かおりにもう1台プレゼントバージョン。だれとでも定額を広めるためのものだろうが、見ていてあまりよく分からない。

よく分からないといえば、タッチでポーンのボールドだ。

なんで隣に引っ越してきた山田さんの奥さんが外人なのか、そのシュチエーションも分からなかったが、洗濯物をタッチすると匂いが香る、ということをつい最近知った。

ウィルコムに話しを戻す。

スマホの完全移行期に旧石器時代的端末しかないウィルコムは致命的で、通話に特化したサービスとしても端末に魅力がなければ、加入者はそうそう増えない。

きょうはそんなことがいいたいのではなかった。

他社ケータイへ電話しても金がかからないだれとでも定額は、ビジネスシーンでも大いに重宝している。

電話代が気にならないので、営業や取材の電話もガンガンかけられる。ビジネスでこそだれとでも定額を使えば、会社の通信費が劇的に下がる、というものだ。

ただし、だれとでも定額にもネックがある。

1回10分以内、という時間制限だ。

10分を越えると当然通話料がかかってくる。そのため、長電話となると時間を気にしながらかけることになる。

10分を越えそうになると「一旦切ります」といって掛け直す。

面倒だが、ただにするにはこれぐらいの苦労もいとわないのだが、ついつい話しに花が咲くと10分を超過することが結構ある。ただだった通話料も超過分には請求が来る。最近は10分越えをちょこちょこやっている。

そこで本題。

ウィルコムにお願いしたいのは、30秒前になると、音で知らせる機能を付けて欲しい、ということだ。

ウィルコムにすれば、10分を越えた金額が儲け、という考えではなく、10分越えたら金がかかりますから、超過しないように30秒前にお知らせしますから、金がかからないようにしてくださいね、と誠実さをアピールすることが何より顧客獲得につながる、というものだ。

特にだれとでも定額を話し好きの女性をターゲットにしているのなら、他社ケータイにかける場合は必須のサービスだと思う。

女性は無料という言葉に弱い。

これにウィルコムが30秒前警告サービスで誠実さを見せれば、女性客がぐっと増えること間違いなしだ。

通話開始から9分30秒経つと警告音がなる、というソフトを作ることはそんなに難しい技術ではない。

ウィルコムは超過分で電話代を稼ごうとはしていません、という誠実さをCMでも謳えば客は増え、今のユーザーも逃げない。

必要は発明の母。

どうですか?

孫さん。

すぐに採用してください。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-07-09 10:42 | ウィルコムネタ