人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

児玉清氏にアタックチャンスは訪れず

1カ月ほど前の4月15日、パネルクイズアタック25の名物司会者児玉清さんがげっそりやせ細り、痛々しい姿で番組に出ていた、というエントリーを書いたが、5月17日、帰らぬ人となった。

「いつも終わってみると翻弄されていた」と番組を振り返っていた。
b0017844_23372781.jpg

パネルクイズ一筋に35年だった。

俳優としての印象より、パネルクイズの司会者としての知名度の方が断然高かった。

それが証拠に、児玉氏のパネルクイズの司会のモノマネでブレイクしたのが博多華丸だった。ある種非常にマニアックなモノマネであるが、このモノマネで食べられるようになったのは、それだけ長寿番組だったからだろう。

加えて、コロッケのように度を越した過剰なデフォルメで相手を傷つけ、笑いを取る姑息なやり方ではないところが好感が持てた。

実はパネルクイズの児玉氏よりもモノマネをする博多華丸を見る機会の方が断然多かった。

ということは、普段パネルクイズを観ていないということが丸分かりだ。

パネルクイズが始めるまでは朝日放送にチャンネルを合わせて「新婚さんいらっしゃい」を見ているのだが、パネルクイズが始まる1時半からはたかじんのそこまで言って委員会にチャンネルが切り替わる。

77歳。死因は胃ガンだった。

2002年には長女(享年37歳)を胃ガンで亡くしていた。

肝機能障害で体調を崩して、3月31日の番組収録からスタジオに姿を見せることはなかった。

胃ガンが肝臓にまで転移したものと思われる。

35年も司会を務めてきたのに、最後の最後、ご本人にアタックチャンスが訪れることはなかった。

合掌

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-05-18 00:23 | 芸能ネタ