人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

配慮ゼロ。業界トップでもこのレベル

気象庁は今回の東日本地震のマグニチュードを8.8から9.0に昇格させた。

これは3月13日にホームページ上で掲載されていた文言だ。業界トップ企業の店舗である。社会貢献も他のホール企業以上にやっていることは、誰もが認めるところである。

業界トップ企業ですら、こんな無神経なことを平気でやらかしてしまう。嘆かわしい限りだ。
b0017844_1801995.jpg

本社に電話入れる。

事情を説明すると電話口の向こうで平身低頭だった。

10分後には激震の文字は消えた。

このホールの店長には売上げ、稼働、サービスなどで業界トップであることが求められる。そうしたナンバー1主義の弊害が、状況判断もできない無神経な店長を生むのかもしれないが、がっかりした。

そもそもこの企業は被災地なった東北地方でも店舗展開をしている。石巻、名取、仙台東、伊達、大山、清河寺、長岡の7店舗で従業員の安否確認が取れていない。

会社の仲間が人的被害にあっているかも知れないのに、よくぞこんな文言が使えるものだ。

社長のケータイを知っていたら直接電話を入れるところだった。

ま、関西は被害もなく普段の日常生活を送っている。東京のスーパーのように水や非常食の買いだめも起こっていない。

これを書いた人はテレビで被災地の壊滅的状況を観ていないのか?

テレビは2日間、CMを流すことなく震災報道を続けている。

そんなテレビに飽きたのか、近所のパチンコ屋はいつもの日曜日以上に賑わっていた。
b0017844_2311295.jpg

朝刊では夕方からフジ、日テレ、テレビ東京は通常番組に入る予定だったが、テレビ東京を除いて、フジ、日テレは震災報道番組に切り替えた。

朝刊が印刷されるのは日付が変わる12時過ぎだろう。

つまり最終原稿を入稿した時は、この3局は夕方から平常番組に戻る判断をしていたわけだ。民間のテレビ局がCMを一切流さないで2日半も報道一色になったのは、放送史上初。この先こんな報道一色になるような時代が来ないことを祈る。

テレビ東京はやっとテレビ東京らしさを取り戻したが、ゴールデンタイムで流れたCMがこれ。
b0017844_238221.jpg

ま、その後一般業種のCMも流れていたが、こんな時だけにパチンコ業界が目立つことこの上ない。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-03-14 00:01 | 業界ネタ