人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

予想をことごとく裏切ってくれたネットカンニング容疑者

ネットカンニング容疑で19歳の予備校生が仙台市内で逮捕され、捜査本部の置かれている京都府警川端署へ護送された。

犯人逮捕は時間の問題だったが、当初の予想をことごとく裏切ってくれた。

まず、これは愉快犯の仕業だと思っていた。

IPアドレスを調べればすぐに分かることなので、わざわざ捕まるようなことをする、というのは世間を騒がせたいだけだと思っていた。

ところが、この予備校生は本命の京大に「合格したくてやった」というではないか。

しかも、単独犯だという。

世間の予想では、教室の中で、メールを打つことはまず、物理的に無理なので、写メで撮影した試験問題を外部の協力者へ転送して、そこから質問サイトへ投稿してもの、と思われていた。

それほど、試験会場は監視の目が厳しいものと思っていたからだ。

ところが、実際は2人の試験監督者しか配置されておらず、監視の目もゆるゆるだったようだ。

われわれの頭の中では、監視の目が厳しく、ケータイなんか触っていたら、すぐにバレルので単独犯は考えられない、という強い思い込みがあった。

その妄想が複数犯説へとつながるわけだが、答えは至ってシンプル。

母子家庭で家計に負担を掛けたくないので、第一志望は国立の京大。国語は優秀なのだが、数学がやや苦手。

どうしても受かりたい一心で、質問サイトで答えを引き出した。そのためには事前に予行演習も行っていた。

で、相当、ケータイを打つのが早い。

辞書登録もガンガンで、数式に対応していた、ということか?

ニュースでは仙台から京都まで護送されるシーンが流れたが、世間を大騒ぎさせたわりには、起訴に持ち込めるかは微妙のようだ。

カンニングそのものを処罰する法律がない。

京大が偽計業務妨害で被害届けを出したので、その容疑で警察は動いているわけだが、試験そのものはスムーズに終わっている。

その後の答案用紙のチェックに必要以上に時間がかかった、という程度だろうし、未成年、ということを勘案すれば処分保留か。

これから、叩かれるのは京大の監視体制だろうな。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-03-04 00:00 | 社会ネタ