人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

中途半端な日韓親善野球大会

たしか、サンデーモーニングのスポーツコーナーに佐々木主浩が生出演していたはず。これはてっきりダブルブッキングかと思ったら、試合開始の午後1時にはユニフォームを着てグラウンドに立っていた。

TBSのスタジオを9時20分に飛び出して10時半の飛行機に乗れば11時半には伊丹に到着するか…

佐々木のギャラがはたしていくらなのか? 気になったのが京セラドームで開かれた日韓親善野球大会だった。
b0017844_1083683.jpg

これは坂東英二率いる元プロ野球OBチームと韓国のタレントチームが対決する試合で、目玉は韓国の人気グループ超新星。

これ、第1回大会らしいが、企画したのは誰だろう?

監督を務める守銭奴の坂東英二か? 自らOBに声をかけて出演をオファーしたとかしないとか。野々村真は坂東がギャラを叩ける守備要員みたいなものか?

プロ野球OBチームの先発は元阪神の中田。韓国タレントチームが打ったら全力疾走なのに対して、プロ野球OBチームは、打っても誰一人として真剣に走らない。韓国チームは初回からランニングホームランが飛び出す。外野は走れない亀山が抜かれるとセンターの奥まで玉は転がっていく。

川藤が走れないのはともかく、立浪、元木、パンチ佐藤までが歩くようなスピードで真剣さが全然足らない。

ピッチャーは前田幸長が唯一124キロ台を投げて、元プロらしい姿を見せてくれたが、緩慢なプレーはいくら相手がタレントチームだとしても、観客までもがだらけてしまう。

特に、勝ちが見えてから立浪のわざとボールを振るプレイはしらける。

最後の7回は佐々木が抑えるが球の速さはない。

これではカネを払って見に来る客はいない。

いるとすれば、超新星ファンぐらいだろう。試合後のオークションで超新星と握手ができる特典付きの2万円のチケット300枚はすぐにソールドアウトになったようだ。

ハーフタイムでは、NMB48(といってもまだピンと来ないがAKB48の大阪バージョン)や緊急の追加で河村隆一のミニコンサートを織り交ぜたりで、集客に必死だったことが伺える。

河村隆一があのねばっこい歌声を披露すると、ナナメ前方に立って聴いている河村隆一ファンクラブの6人のお姉さん方を発見。

「りゅう~」とグラウンドにはとても届きそうにもない掛け声をかけていた。

ネットで3000円のチケットが半額の1500円で限定500枚売りに出されたが、締め切りまでに売れたのは37枚だった。

野球なのか、超新星なのか、河村隆一なのか。

野球ファンには失礼な試合。

超新星ファンにはコンサートもなく物足らない。

この中途半端さが第1回大会だった。

2回目はスポンサーもつかないだろう。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-02-28 00:48 | スポーツネタ