人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

金属探知機に反応する補正下着の悲劇

目的はダイエットだった。

わずか2年で40キロの体重が80キロまで一気に増えた。原因はストレスによるドカ食いだった。

友達に悩みを相談すると、紹介されたのが痩せる補正下着だった。

販社の話しだけ聞くことになった。

海千山千の販売員は、相手が押せば買うタイプと読んだ。

「この体形は酷い」と試着を繰り返した。

セールストークは、下がったり、横に逃げた肉を集めると、位置が修正されて余分な贅肉が減る。それによって痩せる、ということだった。

相手は2人がかりで粘りに粘り、最後は根負けして契約書にサインする。

コルセット、ガードル、ブラのフルセットを2セット買うことになる。

〆て40万円也。

ここから悲劇が始まる。

ある日出張があった。買ったばかりの補正下着をフルセットでつけ、スーツを着た。

第一の悲劇は飛行場で起こった。

金属探知機ゲートをくぐった時だった。金属のものは何も持っていないのに警報が鳴った。

女性の係官にボディーチェックを受ける。

「ひょっとして?」と思い浮かぶ光景があった。

それはコルセットに付いている大量の金属のホックだった。それ例外にも金属のワイヤーが使われているので、フルで着けると重量は2キロにも及んだ。そのことをこっそり打ち明けると、係員は苦笑いした。

身体検査を受けることなく、ことなきを得た。

第二の悲劇は出張3日目に起こった。

ホテルの人が「薬でもお持ちしましょうか」と心配するぐらい顔色が真っ青で、気分が悪くなっていた。

体が締め付けられ、血行不良になっていた。

体には痣やら切り傷ができるほどだった。

補正下着を脱ぐと体がス~と楽になった。しばらくすると体調も戻った。その足で近くのコンビニへ走った。そして買ったのが男物の下着だった。

もう、これ以上体を締め付けられることが嫌で嫌でたまらなかった。

この会社の補正下着を買ったおばちゃんの中には、倒れて病院へ担ぎ込まれた人もいるほどで、まさに鎧のような補正下着である。

で、この会社は今でも存在している。

直販ではなく、販売代理店を作り、サロン形式で販売している。いわゆるマルチ商法である。

販売するには10万以上のセット購入が条件。使ってみて商品のよさを客に伝える、というのが建前。ビジネス講習を受け、会社のやりかたを洗脳されて、晴れて販売できる。

この会社の下着販売を始めると、確実に友達を失うので、ご注意を。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-02-25 00:06 | 社会ネタ