人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

P業界から吸い上げられた金が格闘技番組へ

11月8日、TBSで放送されたK-1ワールドマックス。

コーナーポストにはフィールズのロゴ。

格闘技のスポンサーといえば、最近はフィールズが指定席になっている。リングサイドにはフィールズの山本英俊会長の姿も。その隣には美女の姿が。あれは誰なのか?

それはさておき、格闘技のスポンサーを続けられるのも、会社が儲かっているから。第2四半期だけで95億円の経常利益をたたき出している。

この利益の中には、期待はずれで使い物にならなかったエヴァの販売利益も含まれている。

エヴァを買ったホールも、それを打った客も喜んでもらえる機械だったいいのだが、今回は見事にこけてしまった。

ホールは客に負けてもらって成り立つ商売。機械を販売する側も次々と機械を買い替えてもらうためには、長持ちしては困るので、ヒットしない機械をあえて販売する。

パチンコ客の勝率と同じような感覚でヒット機種を出して、ホールから見放されないようにする。

ホールは客を、メーカーはホールを化かしあいながら金を搾り取る。

そうして儲けた金が格闘技のスポンサー費用に使われる。

それを社会還元と捉えるのかどうかは判断が別れるところ。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-11-09 09:48 | 社会ネタ