人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

初めて絶賛する加賀の手づくり醤油

「旨い醤油があるんや。持って帰りぃ」

玄関へ向かうとおもむろに持ってきたのがこの醤油。
初めて絶賛する加賀の手づくり醤油_b0017844_22231431.jpg

見た目は普通のペットボトル入りで、さほどこだわりは感じられない。

その場で味見をさせてくれた。小指の先にちょっとつけて舌先へ。

知床の冬から一気に桜が満開になった春のような感覚が口の中一杯に広がる。家では178円の醤油を使っているが、全然味が違う。安い醤油は塩分の辛さしかないが、甘味や旨味がある。

それは、どろっとした刺身醤油の甘さとは違う。出汁の効いた旨味がほどよく口の中に広がる。

昼の定食で、刺身定食を注文したことはない。それほど積極的に刺身を食べる方ではないが、この醤油をつけて刺身を食べたらどれほど美味しいか。

想像しただけで夕食が待てない。

醤油の成分を見るとサッカリンが入っている。旨味の正体はこれだったのか?

昔は砂糖の代用品で、今は使われていないと思っていた。あまりいいイメージはないのだが、そんなことを差し引いても旨いものは旨い。

で、晩飯はこの醤油を堪能するために、きずし。これにダイコンのけんをたっぷり。刺身も旨いが刺身のつまがこれまた旨い。

さらに息子の特製ぬか漬け。この醤油はどんな料理も味を引き立てる。

明日は熱々のエッグライス。醤油の消費が恐ろしいことになりそうな予感。高血圧に注意しなければならない。

この醤油をくれた人は、通販でケースで買っていた。ちなみに、10本入りで味噌が付いて8000円。

1本500円。普段の醤油は178円のものを使っていたが、これだけ料理を引き立て、味に差が出ると決して高くない。

他人が旨い、と絶賛するグルメも「普通」という程度にしか感じない中で、加賀の手作り醤油は久しぶりに絶賛したい逸品だ。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-10-17 00:00 | 私的ネタ