人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ノンアルコールビールが売れるワケ

人の出会いとは偶然ではなく、必然だと感じさせられた。

ブログの愛読者から久しぶりに電話。用件はもう一つのブログを読んで「きょうの記事は痛く共感した。俺も投稿したくなった」という内容だった。

パソコンも扱えないのに、投稿なんかできるはずもない。

「じゃ、今から話を聞きに行きますよ」

この一言がなければ、きょうの出会いを演出することはできなかった。

昔、業界を一斉風靡した景品問屋を経営していた。その当時、ホールから散々たかられた思い出と、今日の記事が随分かぶったようだ。

「今日の投稿者は今は何をしているの?」

事情を説明する。

「じゃ、うちの仕事を手伝ってもらえないかな」

さっそく、メールで投稿者に用件を連絡する。

しばらくすると電話が入る。

「何でもしますよ」

「今どこにいるんですか?」

大阪市内にいた。

「今からこっちへ来ませんか。事務所で説明した方が仕事の内容も分かりやすい」

「分かりました。今から行きます」

こうして、一面識もない2人がブログと自分を介して出会うことになる。

同世代ぐらいかと思っていたら、生まれた年が一緒で、同学年だということが分かる。戦後をたくましく生き抜いた団塊の世代だった。

仕事の説明が一通り終わる。共通点は同学年というだけではなかった。

投稿者が昔、不正遊技して難癖をつけてきたヤクザの親分を出入り禁止にした武勇伝を話し終えると、まってました、とばかりに話が弾んだ。

景品会社時代にヤクザの事務所へ呼び出され、軟禁されたことがあった。毅然とした態度で要求は断り、「30分経って事務所から出てこなかった場合は、警察に電話するように部下に伝えている。下に停めている6台の車が社員。もうすぐ30分経つので電話する」というと解放された。

ヤクザに対しては一歩もひるまない。弱味を見せるとぐいぐい攻めてくる。同じような体験をしていたことから、一気に同期の桜、となった。

夕方になった。

飲みに行こう、ということになった。

本題はここから。

バイクで来ているので、酒は飲めない。ノンアルコールビールを飲むことにして付き合う。店は何度か行ったことのある店。ノンアルコールビールは置いていない、と読んだ。

東京行きのチケットを買いに行ったついでに、コンビニでノンアルコールビールを買ってから店へ遅れて行った。

「ノンアルコールビールはありますか?」

「すいません。置いていないんです」

「持ち込んでもいいですか」

「ああ、いいですよ」

おもむろにカバンからノンアルコールビールを取り出す。

昔飲んだビアテイストのノンアルコールと随分違う。これがけっこういける。味は麦芽を使っているのでビールだ。ノンアルコールなのに、飲んでいるうちに、酔った雰囲気になるから不思議だ。

最初に買った2本では足りず、もう1回買出しに出る。
b0017844_2133847.jpg

品切れになるぐらい売れている、という理由がよく分かる。値段が安い。カロリー、糖質もゼロ。ダイエットや健康管理にもビールよりいい。

加えて飲酒運転の厳罰化で、ゴルフ場や郊外型の飲食店などでビールを飲みたいドライバーにはうってつけだ。

病は気から、というが、このノンアルコールビールをノンアルコールと知っていながら酔った気分になる。

ただ、周りは酒を飲んでいるのでだんだん酔ってくるが、こっちは4本空けても完全にシラフなので、酔った勢いというのがない。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-10-02 00:14 | 私的ネタ